So-net無料ブログ作成

カーテン製作 材料と作り方 その1 [インテリア]

カーテンを作るためにはカーテン生地がいりますが、普通のカーテン(凝ったものでなく)を作るにはこんなものが必要です。

       

 

プリーツテープとフックです。フックは4本足ならタックが3つ、3本足ならタックが2つ、タックが多いほど生地を多く使いますが見た目が豪華エレガントになります。今回は4本足を使いました。 画像には2種類のフックがありますが、カーテンレールを隠す時は左を、見せる時は右を使います。

   

これがプリーツテープ。等間隔でフックを通すための溝があります。

     

フックを通すとこんなふうになり・・・    表はこうなります

   

プリーツテープをカーテン生地に縫い付けてからフックを通すとこうなります。

なので用意するものは、

カーテン生地、プリーツテープ、フック、ミシン糸  となります。

次にサイズの測り方。きちんとサイズを測ってぴったり作るのは素人には無理(最初からこう考えておけば気が楽~) なので私のやり方を、ご紹介。

①カーテンレールについているフックかけの数を数え、その数分のフックとプリーツテープをかなり長めに購入します。(窓幅の3~倍くらい)。

②プリーツテープにフックを試しにつけてみます。フックとフックの間は、を1または2、フックを通さずにあけます。今回は溝ふたつ飛ばしてフックをつけました。

③フックをつけたプリーツテープを試しにカーテンレールにつけてみます。こうするとなんとなくイメージできます。どうも変だ、足りない、という時は間を空ける溝の数を変更するか、フックの数を増減してください。 

④いいかな~と思ったらプリーツテープを切り、ためしにつけたフックを取り、伸ばして長さをはかります。

 そしてカーテンレールから、このあたりにカーテンの裾がくるといいな~と思うところまでの長さを測ります。これに縫い代を足したサイズのカーテン生地が必要になります。

たとえばカーテンの長さ(裾まで)150センチでタックテープの長さが200センチ、購入する布幅が140センチなら200÷140=1 あまり0.43  長さの2倍の生地が必要となります。あまりが小さいほど布が残ります。カーテンはだいたい2枚セットなので同じものをもう一つ作るのでこの残りが多ければ使う事ができます。私は多めに購入して残り布でクッションを作ったりベッドカバーを作る事をオススメします。

これができたらカーテン生地を探しに出かけましょう♪2回出かける事になりますが1回目は下見ということで~。気に入ったお値打ち品に出会えますように。

 

 

   

 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 5

コメント 2

Baldhead1010

カーテンによって、部屋の感じががらりと変わるから、不思議ですね^^
by Baldhead1010 (2006-11-29 12:52) 

mika

Balhead1010さん
カーテンって、好みがでます。 年齢を重ねると落ち着いた感じがよくなっていくのかな。

木の実の恐竜たちさん
Nice どうもありがとうです。
by mika (2006-11-30 13:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。